新卒採用支援を受けることで双方にメリットがある

新卒採用支援プログラムを活用する

企業にとって将来の大きな戦力になってくれる新卒生の採用は、毎年避けては通れない課題です。少しでも優秀な学生を確保するため、新卒採用を担当する部署では、一般的な筆記試験、適性試験や面接だけではなく、グループワークを取り入れたり、事前に新卒生に課題を出したりしながら、自社の求める人物像に近い学生を探し当てられるよう工夫を凝らして採用活動をおこなっています。
とはいえそれほど大きな企業ではない場合、新卒生の採用を担当している社員が人事専門ではなく、普段は他の業務をおこなっていることも少なくありません。そうした採用担当者からよく聞かれるのが、「どうやって新卒生を選べばいいのかわからない」という不安です。
それを解消するため就活支援企業では、新卒採用支援のためのさまざまな企画をおこなっています。たとえば大企業の採用活動をモデルケースにしたガイドブックを出版したり、初めて新卒採用を担当する人に向けたセミナーを開催したりといった施策が代表的です。新卒採用をどうおこなっていけばいいのか迷ったときには、それらの新卒採用支援プログラムを上手に活用して、どんな人材を採用したいのか、そのためにどんな試験が必要なのか考えをまとめてみましょう。

新卒採用支援サービスを活用しよう

企業の将来を左右するといっても過言ではない新卒生の採用活動ですが、求人情報サイトに採用情報を掲載しても、思ったように新卒生が集まらず、採用活動に悩んでいる企業はたくさんあるようです。
そんなときには就職活動を専門におこなっている会社の多くが実施している、新卒採用支援サービスを活用してみてはいかがでしょうか。たとえばある就職活動支援企業の場合、自社の新卒採用支援サービスに登録してきた学生を、新卒生集めに悩んでいる登録企業に紹介してくれるという事業をおこなっています。事前に登録企業から求める人物像をヒアリングし、それに近い学生を紹介してくれるシステムが確立されているので、新卒生へのアプローチもしやすく、魅力的な新卒生を多く集められるというメリットがあります。
また同様に新卒生にも事前のヒアリングがおこなわれており、新卒生が働きたいと考えている事業形態や業種に近い企業を紹介してくれているので、紹介された新卒生も採用に対して積極的な考えを持っていることが多く、紹介された学生は比較的面接や採用につながりやすいという点も魅力です。新卒生を計画通りに採用できずに悩んでいる場合は、ぜひ新卒採用支援サービスの活用を考えてみてください。