新卒採用支援セミナーを活用して人材確保の道を見出す

新卒採用支援セミナーに行ってみよう

新卒採用を積極的に宣伝しているのにもかかわらず、思ったように新卒生を集めることができずに悩んでしまう会社は、特に中小企業を中心に毎年たくさんあるのだそうです。就職活動支援を専門におこなっている会社では、そういった採用活動に行き詰っている企業を対象に、新卒採用支援セミナーを開催しています。
新卒採用支援セミナーでは、就活生が考える「働きたい会社」というのはどういった企業なのかといった基本的な内容から、自社の採用情報は同じ業種や近くの企業と比べてどのように違うのか、また新卒生が魅力的だと感じてくれるような求人広告を作成するためにはどうすればよいのかなど、実践的な内容に至るまで、幅広い内容の講義がおこなわれます。
特に新卒採用をあまりおこなったことがない企業の場合、自社の魅力をどのようにアピールすればよいのか分かっていなかったり、新卒生に向けて企業説明をおこなう機会を十分に確保できていなかったりすることが、新卒生を集められていない原因となっていることが多いのだそうです。新卒採用支援セミナーを上手に活用すれば、自社の採用活動に足りていない部分をしっかりと補うことができ、効率の良い採用活動につながりますので、とてもおすすめです。

新卒採用支援セミナーを上手に使おう

新卒生を自社で採用するにあたり、「他の社員と課題解決のために効率よく話し合い、正解を導き出す力」をはかるため、多くの企業がグループワークを選考内容に取り入れています。ところが自社が求めている人物像に近い学生を適切に選ぶことができるグループワークの課題を決めるのは意外に難しく、毎年多くの企業が頭を悩ませているのだそうです。
そこで新卒採用支援をおこなっている会社では、「グループワーク対策」という名目での無料セミナーや、アシストプログラムを開催しています。単純にグループワークのモデル課題を複数提供してくれるプログラムもあれば、自社に合わせてカウンセリングをしたうえで、適切な課題を一緒に考えてくれるタイプのセミナーもあるようですので、自分の会社にはどの程度のサポートが必要なのか考えて、いくつかのセミナーを活用してみるのがおすすめです。
グループワークを選考に取り入れることで、1対1の対話だけではわからない新卒生の人柄や、課題対応力の高さなど、さまざまな要素を推し量ることができます。今まで新卒採用にグループワークを取り入れていない場合は、新卒採用支援プログラムを上手に活用しつつ、一度実施してみるのもおすすめです。